針路磁針や地球などについて演習をしていた

地球について育成をしました。都内近所では道のり磁針は真北から約7°西に飛びた方向を指す。このように、道のり磁針は断じて真北を指しません。こういう不等の隅っこを偏隅っこといいます。また、磁針の重心に糸をつけてつるすと、磁針のN極は水平面に対していらっしゃる傾きを有する方向を指す。都内近所ではN極が水平面より約49°下位を指す。磁針のN極の向く方向と水平面とのなす隅っこを伏角といいます。地磁気のニュアンスは、地磁気のがたいと方向で表されます。地磁気のがたいは全磁力(またはその平ら元(平ら分力)と伏角)で表され、地磁気の方向は偏隅っこと表されます。そういう地磁気のニュアンスを出す3つのエレメント(偏隅っこ・伏角・全磁力(または平ら分力))を地磁気の三エレメントといいます。地球はその創成時折高温であったと考えられています。後、地球の偽造はゆったり冷えていきましたが、地球の内輪は現在も高温に保たれてある。知らないことを知れて良かったです。