プロ野球セ・パ交流戦を見て、楽天×巨人は巨人が3連敗。

昨日のプロ野球セ・パ交流戦の中でも楽天×巨人戦は現在の両チームの実力がそのまま反映された試合であった。結果、巨人の3連敗ということになった。先発投手は楽天は予定通りエース則本で、巨人はドラフト4位ルーキーの池田である。池田はルーキーながら、巨人軍の弱体投手陣の中で中継ぎとして頑張っていた。元々、高校、社会人では小柄な体形ながら先発完投型の本格的ピッチャーである。その実績もマウンド度胸も巨人軍の投手陣の中でも高い評価を得て当然だと思う。それでいて、先発で起用をするのが遅すぎたように思う。池田、則本の投げ合いで始まった、第3戦であるがどちらかと言うと、7試合連続2けた奪三振のプロ野球記録がかかっていた、則本の方が硬くなっていたような気がする。池田の方は元々首脳陣から大きな期待も無く任されての登板だが、本人の意識は巨人軍の首脳陣やプロの先輩たちとはまったく違っていた。首脳陣の打つ手無しで一か八かで送り込んだ開き直りの気持ちは微塵も無かった。ルーキーとはいえ、同じプロの投手として、楽天則本と互角に渡り合ったのだ。その気迫は見ている側に十分に伝わってきた。残念ながら、田原、森福と交代したピッチャーが打たれて、試合は負けてしまった。先発投手が頑張って、試合もリードしていたが、リリーフ陣が打たれて負けてしまうことは勝負の世界だから仕方が無い、よくあることだ。だが、首脳陣の采配ミスや最終回の長野の送りバントの空振り、それによって2塁走者が飛び出してアウトになる、結局長野も三振という無様な結果は頂けない。選手や首脳陣の実力以外の役割意識が欠如しているチームの野球は魅力の無いものになってしまう。池田もよく頑張った。則本も本調子では無かったが、7試合連続2けた奪三振記録は見事である。そして、個人の記録を達成させてあげた、梨田監督、与田コーチもお疲れさまでした。キレイモ 9500円